Jリーグ

坂本一彩選手を過去から徹底解説!!プレースタイル・プレー動画・成績・移籍は?【ガンバ大阪】

どうして、、、

どうしてなの、、、

どうして

ガンバ大阪は活きの言い若手が出てくるの??

今やPSVで主力となった堂安律選手、マンチェスターシティへと移籍した食野選手、若くしてポルトガル1部ポルティモネンセへと移籍した川崎修平選手、高校2年生にしてJ1デビューを果たした中村仁郎選手、湘南へレンタル移籍中の谷晃生選手など、、、

それに続いて、またしてもガンバ育ちの若手が出てきました。

トップチーム昇格1年目にJ1初ゴールを決めた坂本一彩選手です。

今回はそんな坂本選手についてまとめてみました。

wiki風プロフィール

名前:坂本一彩(さかもといさ)
生年月日(年齢):2003/8/26(18歳) ※2022年6月時点
ポジション:FW
利き足:右足
出身地:熊本県
ユースor高体連:ユース(ガンバ大阪)
現所属チーム:ガンバ大阪
日本代表歴:U-18、19
Twitter:確認中
Instagram:確認中

経歴

坂本選手はガンバ大阪ユース出身ですが、地元は熊本なんです。

熊本か~意外だな~と思った人もいるかもですが、実は熊本県は私調べによると真のサッカー王国なんでこういった才能が出てくることに違和感はありません!

【サッカー】【出生地】本当のサッカー王国はどこだ!?静岡?大阪?神奈川?東京?はたまた・・・?【都道府県別分析】みなさんは日本の中でサッカーが盛んな地域と聞くとどこを思い浮かべますか? 私は静岡をまずは思い浮かべます。 他は、東京・神奈...

熊本の育成年代で有名なクラブチームであるソレッソ熊本出身で、ユースからガンバ大阪でプレーをしています。

ちなみに松岡大起選手(清水エスパルス)もソレッソ熊本出身です。

ユース時代の高校3年生の時、プレミアリーグWESTで15得点を奪い見事得点王を獲得しています。

その背景には、この年ストライカーコーチに就任した大黒将志コーチの影響があり、大黒コーチの教えで常にセカンドボールを狙うようになったようです。

ユース時代からその才能を発揮していた坂本選手は、世代別日本代表にも選出されるなど、チームを超えた活躍を見せます。

また2020年はガンバ大阪U-23チームに所属し、J3デビューも果たしています。

2021年も2種登録されたのち、2022年からトップチーム昇格を果たしました。

そして2022年6月29日のサンフレッチェ広島戦で初先発しJ1初ゴールを奪いました。

プレースタイル・特徴・動画

  • 背後への動き出し
  • セカンドボールへの反応
  • 遠目からのシュート

坂本選手は大黒将志コーチに憧れているようで、生粋のストライカーだということがわかります。

特徴としても、背が大きくないですが、俊敏性やセカンドボールへくらいつく姿勢など、点取り屋としての素養を兼ね備えています。

こちらはJ1初ゴールのシーンです。

味方が何度もあきらめずにゴールを狙った結果、最後に坂本選手の足元にボールが収まり、見事なターンの後ゴールを奪っています。

こちらはユース時代のゴールシーンです。

ゴール前で相手を交わし、左足で見事なシュートを決めています。

テクニックもさることながら、ゴール前での落ち着きを見ても、同年代では敵なしと言っても過言ではなかったですね。

成績

2020年
11試合出場3ゴール1アシスト(J3 ガンバ大阪U-23)

2022年
5試合出場1ゴール(J1 ガンバ大阪)
※2022年6月30日時点

今後の動向

J1デビュー1年目となった2022年シーズンですが、すでに初ゴールもあげています。

ガンバ大阪は若くて才能ある選手を多く抱えており、海外移籍を行う選手も多いです。

ちなみにすでにHEROE(エロエ)という会社とマネジメント契約を結んでおり、この会社は現在海外で活躍する日本人プレイヤーの多くをマネジメントしています。

そのため坂本選手も海外移籍を意識しているかもしれません。

なお、現在(2022年6月時点)の市場価値はおよそ「10万ユーロ」となっております。
transfermarket参照