【サッカー】兒玉澪王斗のポジション、特徴、移籍について【サガン鳥栖】

スポンサーリンク
Jリーグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コダマと聞いたら皆さん誰を思い浮かべますか?

アタックチャンスですか?


出典:https://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/200816/ent20081612000005-n1.html

それともスキスキスキップですか?


出典:https://mdpr.jp/news/1616355

 

このページを見ている方はきっと違いますよね?

そうですね。

澪王斗(れおと)ですよね?


出典:https://www.jleague.jp/player/1629924/#attack

何回タイピングしても、決して一発で変換できない名前でおなじみ、サガン鳥栖所属の兒玉澪王斗選手。
名前のインパクトがすごいですが、若くして日本一を経験した才能あふれる選手なのです。

というわけで、今回はまたもやサガン鳥栖、兒玉澪王斗選手について調べてみました!

スポンサーリンク

wiki風プロフィール

名前:兒玉澪王斗(こだまれおと)
生年月日(年齢):2003/4/24(19歳) ※2021年4月時点
ポジション:FW
出身地:鹿児島
ユースor高体連:ユース(サガン鳥栖)
現所属チーム:サガン鳥栖

経歴

鹿児島出身の兒玉選手は、中学時代まで地元のチームF.Cuore U-15でプレーし全国大会にも出場をしていました。

高校サッカー選手権への憧れもあり、地元鹿児島の高校へと進むことも考えていましたが、夏の九州クラブユース選手権でサガン鳥栖U-15と対戦してその気持ちに変化が起きます。

後に日本一となるサガン鳥栖との対戦を経て「日本一のメンバーとサッカーをしたい」と思うようになりました。

そして、サガン鳥栖から練習参加のオファーが来たのですが、親元を離れる不安や、高校サッカーへの気持ちもありなかなか決断できなかったそうですが、父親から「自分が最初に決めた道を貫いたほうがいい」と言葉をかけてもらい、サガン鳥栖へ入団する決意ができたそうです。

サガン鳥栖入団後は、1年生のころから主力としてプレーをします。

1つ上の松岡大起選手本田風智選手や、同学年の相良竜之介選手らと共に切磋琢磨し、全国大会でも活躍をします。

⇒松岡大起選手の記事はこちら
⇒本田風智選手の記事はこちら

⇒相良竜之介選手の記事はこちら

2年生のときは、クラブユース選手権でファイナルまで駒を進め、自身も大会4得点と大活躍を果たして飛躍の1年としました。

そして3年生の時には主将に任命されチームを引っ張ることに。

本人曰く、気持ちでチームを引っ張るタイプとのことで、その宣言通りチームをまとめあげ、クラブユース選手権では見事初優勝を果たしました。

また2020年は2種登録としてトップチームに帯同し、ルヴァンカップでJリーグデビューをしました。そして10月には相良竜之介選手と共に2021年のトップチーム昇格が内定し、見事プロ選手としてのキャリアをスタートさせています。

成績

2020年はリーグ戦の出場はなく、ルヴァンカップ1試合の出場のみでした。

2021年もリーグ戦の出場はまだありませんが、ルヴァンカップには既に3試合出場し、アビスパ福岡戦ではフル出場を果たしています。

プロ初ゴールはまだ見ることができていませんが、今後すぐに見ることができるのではと期待しておきましょう。

プレースタイル

本人曰く、気持ちでもっていくプレーが特徴的だとのこと。そう聞くと、同じくサガン鳥栖のビースト林大地選手を思い浮かべますね。

⇒林大地選手の記事はこちら

兒玉選手も、林選手のことを目標にしており、林選手から体の使い方などを教わっているそうです。

さてそんな兒玉選手のプレー映像ですが、プロデビュー後の映像でなかなか良いものがなく、ユース時代のものとなってしまいましたが、今から二年前のクラブユース選手権のプレーです。

大事な試合でドッピエッタを決めています。
1点目は、パスがそもそもよかったというのもありますが、ゴール前で落ち着いて切り返してシュートを決めています。
2点目は、ゴールラインを割りそうな位置からスピードで敵を振り切り、あっという間にゴールを決めています。

大事な場面でも冷静になれるところもあり、一瞬のスピードで相手を引きはがすような力もあり、フォワードとしての強みをいかんなく発揮したシーンではないでしょうか。

今後の動向

プロ1年目でまだまだこれからの選手ですので、まずはサガン鳥栖で経験を積んでいくことからになります。

現在サガン鳥栖は、林選手・山下選手が好調で、若手では石井選手がおり、ベテランの豊田選手や新外国人選手も控えています。強豪クラブと比較すると、潤沢な攻撃陣とは言えませんが、乗り越えるべき壁は決して低くはありません。そのため、もしかしたら、来年あたりには育成型レンタル移籍でJ2・J3のチームへと移籍していてもおかしくはないですね。

なお、現在(2021年4月時点)の市場価値はおよそ「50万ユーロ」となっております。
transfermarket参照

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました