Jリーグ

【サッカー】木村誠二のポジション、プレースタイル・特徴、成績、移籍について【FC東京/SC相模原】

みなさんお待たせしました。

SC相模原特集~~~!!!

お待たせしました。

お待たせしすぎたのかもしれません。

ロリコンによるロリコンのためのチームと言っても過言ではない。
※サポーターの方すみません。

SC相模原!

なんでこんなことを言うのかと言うと

今年の夏めっちゃ若者取ったから!(レンタルね)

例えば、兒玉澪王斗選手(鳥栖)・藤原優大選手(浦和)・成岡輝瑠選手(清水)など、J1からばしばし若者を取っています。

【サッカー】成岡輝瑠のポジション、特徴、移籍について【SC相模原/清水エスパルス/日本代表】成岡輝瑠選手についての経歴・プレースタイル・成績・移籍情報をまとめてみました。 気になる若手選手の情報を、5分程度でぎゅっと読むことができますので気軽にお立ちよりください!...
【サッカー】兒玉澪王斗のポジション、特徴、移籍について【サガン鳥栖/SC相模原】兒玉澪王斗選手についての経歴・プレースタイル・成績・移籍情報をまとめてみました。 気になる若手選手の情報を、5分程度でぎゅっと読むことができますので気軽にお立ちよりください!...

そんな武者修行にきた若者の一人が、FC東京からやってきた木村誠二選手です!

てことで今回は木村選手について調べてみました!

wiki風プロフィール

名前:木村誠二(きむらせいじ)
生年月日(年齢):2001/8/24(20歳) ※2021年8月時点
ポジション:CB
利き足:右足
出身地:千葉県
ユースor高体連:ユース(FC東京)
現所属チーム:SC相模原 ※FC東京からレンタル移籍中
過去所属チーム:京都サンガFC(FC東京からレンタル移籍)、FC東京
日本代表歴:U-16~20

経歴


引用:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=96703

プロ入り前

千葉県出身の木村選手は、地元のサッカーチームでプレーをしつつ、マルバサッカースクールというフットサルを融合させたサッカースクールで技術を磨いていました。

同スクールは上田綺世選手(鹿島アントラーズ)や古賀太陽選手(柏レイソル)など日本代表クラスの選手も輩出しているハイレベルなスクールです。
※上田選手や古賀選手は木村選手とは別校舎

そして中学の時からFC東京の下部組織U-15深川でプレーをしていました。

同じタイミングでトップチームに昇格したバングーナガンデ佳史扶選手とは深川時代から一緒にプレーをしていました。

高校進学後はFC東京U-18へと昇格し、2018年には早くも2種登録をされてJリーグデビューも果たしています。

その後2020年からトップチームに昇格を果たしています。

プロ入り後

トップ昇格1年目はFC東京のメンバーとしてJ1デビューも果たしますが、森嶋選手や渡辺選手など日本代表クラスのセンターバックが控えておりなかなか出場時間を延ばせませんでした。

そこで、2021年はJ2京都サンガFCへとレンタル移籍を果たします。

しかしそこでも思ったように出場時間を確保できません。

東京から京都に行く時は、はじめての移籍で、カテゴリーがひとつ落ちるのもあったんですけど、自分の中でちょっとした甘えがあって。使ってもらえるんじゃないか、みたいな。チームの中の競争になるとは思っていたんですけど、そこで勝てなくて。

引用:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=96703

本人もこのように語っており、京都では良い時間を過ごすことができなかったようですね。

そんな中、2021年7月にJ2SC相模原へのレンタル移籍が発表されました。

京都で活躍できなかったことをうけ、本人曰く危機感をもっての移籍とのことでした。

移籍後もさっそく定位置を奪っているところをみると、成長している姿がうかがえますね。

プレースタイル・特徴

守備的な選手ということもあり、1対1の球際の強さや空中戦に特徴のあるプレイヤーかと思います。

が、まだまだ若手で、J1・J2での試合経験も少ないので、特徴やプレースタイルはこれから構築されていくのではないかと思います!

こちらは2種登録時代にFC東京U-23でプレーしてJ初ゴールをあげた映像です。

以前インタビューにて空中戦に注目してほしいと言っていましたが、その宣言通りセットプレーからヘディングでゴールを決めています。

同じくFC東京の森島選手なんかもセットプレーからのヘディングが大きな武器となっているため、先輩同様に活躍を期待したいですね!

成績

2018年
18試合(J3 FC東京U-23)

2019年
19試合1ゴール(J3 FC東京U-23)

2020年
3試合(J1 FC東京)

2021年
1試合(J2 京都サンガFC)
3試合(J2 SC相模原) ※2021年8月25日時点

SC相模原に移籍した後は順調に試合数を伸ばしています。

このままレギュラーを確保し、成長する姿を観たいですね!

今後の動向

現在2022年1月31日までの期限付き移籍のため、今シーズンいっぱいはSC相模原の一員としてプレーしますが、そこでの活躍次第でFC東京へのレンタルバックもありえます。

しかし、現在FC東京のセンターバックは森島・渡辺という絶対的なレギュラーがおり壁はかなり高いです。

ただ森島選手はアンカーを務めることもあり、また何より今年で34歳とベテランの域に達しています。

FC東京も当然若返りは行いたいはずなので、このタイミングでレギュラー奪取というのも夢ではないかもしれませんね。

なお、現在(2021年8月時点)の市場価値はおよそ「10万ユーロ」となっております。
transfermarket参照

DAZN