【サッカー】福井太智のポジション、特徴、移籍について【サガン鳥栖】

スポンサーリンク
Jリーグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は、佐賀県出身でもなく、佐賀に住んでいたこともなく、佐賀に特別な思い入れもない。
鳥栖はアウトレットかジャンクションくらいしか行ったことがない。
それでも、私にとってサガン鳥栖はレアルマドリードバルセロナよりも価値のあるクラブなのだ。

 

そう。

 

若くて活きのいい日本人プレイヤーをポンポン生み出してくれるから!

 

というわけで、またまたやってくれましたね。サガン鳥栖。
いつもお世話になっております。
なんと、16歳の高校1年生(現在2021年3月)がJ1デビューしちゃうかもしれないなんて。

 

いやー、やってくれますね。
次々と若い才能が開花する環境、、、
全国の小学生諸君。
ぜひお父さんに佐賀県に転職するようにお願いしてみてください。

 

というわけで、今回は福井太智選手にフォーカスをあててみました。

J SPORTS(ジェイスポーツ)オンデマンド






スポンサーリンク

wiki風プロフィール

名前:福井太智(ふくいたいち)
生年月日(年齢):2004/7/15(16歳) ※2021年3月時点
ポジション:ボランチ
利き足:
出身地:神奈川
ユースor高体連:ユース(サガン鳥栖)
現所属チーム:サガン鳥栖
日本代表歴:U-15、16

経歴

クラブチーム

元々神奈川の横須賀に住んでおり、2012年の3月頃に九州に引っ越してきたようです。
神奈川にいた時からサッカーはしていたようで、九州に引っ越しても強いチームでプレーしたいということで、福岡にあるバルセロナのアカデミーに入学しました。

 

2013年には、バルセロナアカデミーの年間MVPを獲得するなど当時から才能が突出していたようです。

 

その後2013年12月頃にはサガン鳥栖U-12へと入団し、その時点から主力としてプレーをしていました。
※サガン鳥栖のアカデミーオフィシャルブログを遡ったところ、おそらく2013年12月かと。

 

そしてそのままサガン鳥栖のアカデミーで順調に成長し、U-15へと進みます。
同カテゴリーではキャプテンを務めるなど、精神的にもチームの中心だったようです。
高円宮杯U-15の決勝でガンバ大阪と戦い、惜しくも敗戦したのですが、こんなことを言っていたようです。

 

「悔しさもあったんですけど、最後は胸を張って行こうと思いました。ロッカールームでも泣いている選手が多かったんですけど、胸を張って行こうとか、ありがとうといった声を掛けました
出典:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?294384-294384-fl
15歳の若者が、こんなん言えます?
ひとまわり以上年下ですが、上司にしたい人ナンバーワンに認定しそうです

 

その後順調にU-18へと昇格します。
まだ現時点(2021年3月)では高校1年生ですが、2021年から2種登録されており、今シーズンのトップチームデビューが期待されております。

日本代表

世代別日本代表にもしっかりと選出されており、2020年のAFC U-16を目指していたU-15日本代表に選出され、翌年もU-16候補として代表合宿にも参加しております。

こちらは2019年U-15日本代表に選出された時のものです。
まだ幼さが残っていて、とてもかわいらしいですね。

とても、かわいいですね。。。

プレースタイル

福井選手は、下がり目の位置でプレーするパサータイプです。
そこから攻撃の起点となり、精度の高いパスを繰り出します。
また所属のサガン鳥栖でもキャプテンをつとめるなど、チームを引っ張るメンタリティも大きな特徴で、プレー中は非常に落ち着いています。

 


出典:https://web.gekisaka.jp/player/?48390-48390-jp

公式プレー動画が見つけられなかったため映像を使った紹介ができず申し訳ないです。。。

今シーズンJ1デビューすれば、きっとDAZN公式YOUTUBEチャンネルでアップロードされると思いますので、その時更新いたします!

DAZN




コメント

タイトルとURLをコピーしました