欧州リーグ

奥川雅也選手を過去から徹底解説!!プレースタイル・成績・移籍は?【ビーレフェルト/ザルツブルク/日本代表】


サッカーのだいご味は、なんといってもゴール
豪快なゴールシーンほど心躍るものはないですよね。

 

とは言えですよ。

ドリブルも心躍りますよね~

華麗に敵を抜き、あざ笑うかのようにゴールへと向かうその姿。
見ているだけで

心躍りますよね~


出典:https://nobodyknows-fc.com/contents/279449

というわけで今回は、ドリブルの切れ味抜群の「奥川雅也」選手を紹介いたします。

wiki風プロフィール


出典:https://www.goal.com/jp

名前:奥川雅也(おくがわまさや)
生年月日(年齢):1996/4/14(26歳) ※2022年5月時点
ポジション:右サイド、トップ下、左サイド
利き足:左足
出身地:滋賀
ユースor高体連:ユース(京都サンガ)
現所属チーム:ビーレフェルト(ドイツ1部)
前所属チーム:ザルツブルク(オーストリア1部)
日本代表歴:U-17、18、19、20 ※A代表は1度招集されたがチーム事情で参加できず
Twitter:奥川雅也さん (@0414Neymarlove) / Twitter
Instagram:Masaya Okugawa(@masaya_0414_09) • Instagram写真と動画

経歴

京都サンガFC

ジュニアユースのころから京都サンガに所属しており、そのままユースに昇格。高校3年生の4月には2種登録選手としてトップチームに登録され、2015年より正式にトップチームへと昇格しました。

京都サンガの一員としてJ2を戦い始めた矢先の2015年6月、なんとオーストリアの名門レッドブル・ザルツブルクへと移籍し、欧州でのサッカー人生がスタートします。
この時、まだ19歳。私は19歳の6月時点では浪人生活を送っており、志望校がE判定で絶望しっぱなしでした。
同じ19歳でもえらい違いです。。。


出典:https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180901/823559.html

ちなみに同じとき、リヴァプールとレヴァークーゼンからもオファーが来ており、世界から大きく注目されていたことがわかります。

FCリーフェリング

欧州へと活躍の場を移した奥川選手は、ザルツブルクのセカンドチームにあたる「FCリーフェリング」(オーストリア2部リーグ)へとレンタル移籍し1年目からシーズン30試合出場3ゴールと活躍し、2年目は34試合出場5ゴールとさらに結果を出しました。

SVマッテスブルク

こうして評価を高めた奥川選手は、次にオーストリア1部の「SVマッテスブルク」へとレンタル移籍を果たします。
1部初挑戦であったにも関わらず、リーグ戦27試合に出場し5ゴールとここでも結果を出します。

ホルシュタイン・キール

1部で通じる力を示した奥川選手でしたが、その後一旦ザルツブルクに戻ったものの、またレンタル移籍を繰り返すことになります。その移籍先がドイツ2部の「ホルシュタイン・キール」。
移籍当初は、怪我などの影響もありなかなか定位置確保ができなかったが、後半からウイング、セカンドトップ、ツートップの一角をつとめるなど先発の座をいとめ、シーズン27試合出場5ゴールという成績をおさめることができました。

当時キールを率いていたティム・ワルター監督が以下のように言っていました。

「マサヤは機敏に動く、ドリブル能力がずば抜けているプレーヤー」

「彼は我々の下でとりわけ1対1とフィニッシュにおいてものすごい成長を見せてくれている」

「これからはフィジカルに取り組んで、もっと頑丈な体になってほしいね」

怪我で苦しみながらも、着実に成長した1年だったようですね。

ザルツブルク

こうして順調に成長したのち、2019年から晴れてザルツブルクへと復帰を果たします。
この年リーグ戦に23試合出場し9ゴール、カップ戦のゴールも含めると11ゴールとプロキャリアで初のシーズン二桁得点を達成しています。
2020シーズンも引き続きザルツブルクでプレーし、南野選手、ホーランド選手、ファン・ヒチャン選手など強力アタッカー陣が抜けたチームの前線を引っ張る役割を担いました。

ビーレフェルト

2021年からはドイツ1部のアルミニア・ビーレフェルトへとレンタル移籍を果たします。

久々のドイツでしたが、ドイツ1部リーグは初めてとなりました。

移籍初年度から主力としてプレーし、見事チームの1部残留に貢献します。

そして、2021-22シーズンはゴールという形で明確にチームに貢献し、リーグでも注目される存在になっています。

プレースタイル・特徴

京都サンガでその才能を開花させたこともあり、「古都のネイマール」と言われています。
ネイマールという看板がついていることからわかるように、ドリブル突破が彼の一番の武器です。

というわけで、一度そのプレーを見てみましょう。

こちらは京都ユースに所属していた時の映像です。
「第1回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞」を受賞したゴールです!
3-3の同点の場面で直接フリーキックを決めています。
ドリブルのイメージがあるのですが、こんなプレーもするんですね。

本来はドリブルのシーンをお見せしたいし、お見せするべきだと思うのですが、いかんせん

公式動画があがっていない!

奥川選手のプレーは本当に素晴らしいんです。
是非、是非どこかでなにかしらの方法で、みなさん自主的に見てください(涙

成績

2015年
5試合出場1ゴール(J2 京都サンガFC)

2015-16
30試合出場3ゴール7アシスト(オーストリア2部 FCリーフェリング)

2016-17
34試合出場5ゴール3アシスト(オーストリア2部 FCリーフェリング)

2017-18
27試合出場5ゴール4アシスト(オーストリア1部 SVマッテスブルク)

2018-19
19試合出場5ゴール1アシスト(ドイツ2部 ホルシュタイン・キール)

2019-20
23試合出場9ゴール6アシスト(オーストリア1部 ザルツブルク)

2020-21
7試合出場1アシスト(オーストリア1部 ザルツブルク)
13試合出場1ゴール2アシスト(ドイツ1部 ビーレフェルト)

2021-22
33試合出場8ゴール1アシスト(ドイツ1部 ビーレフェルト)

2019/20シーズンは、リーグ戦23試合に出場し9ゴール4アシストと惜しくも二桁ゴールには届かなかったものの見事な成績をおさめました。
その他カップ戦は5試合出場2ゴール、チャンピオンズリーグは4試合出場、ヨーロッパリーグは1試合出場しています。

大きな期待を背負って迎えた2020/21シーズンですが、リーグ戦は7試合で0ゴール1アシスト、カップ戦2試合1ゴール、チャンピオンズリーグ5試合2ゴールとなっており、リーグ戦でなかなか力を発揮できませんでした。

しかしその後移籍したドイツ1部ビーレフェルトでは徐々に頭角を現し、2021/22シーズンは二桁ゴールに迫る勢いの活躍を見せております。

今後の動向

2021年にドイツ1部ビーレフェルトへレンタル移籍後、2021-2022シーズンからは完全移籍を果たしました。

その後はチームトップスコアラーとして残留争いをするチームを引っ張る大活躍を見せております。

しかし残念ながらチームは2部リーグ降格となってしまい、2024年まで契約を残す奥川選手は2部リーグに降格した場合は契約を解除できる契約となっているため、適切なオファーがくれば退団は既定路線となりそうです。

 

なお現在(2022年5月時点)の市場価値ですが、500万ユーロとなっています。
transfernarket参照