【サッカー】山本理仁のポジション、特徴、移籍について【東京ヴェルディ/U-19日本代表】

スポンサーリンク
Jリーグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク


みなさんは高校生の時何をしていたでしょうか。
私は、部活に勉強に勤しみ、なんでもないただのダラダラとした青春を送っていました。
おそらく、世の中の高校生の多くはこんな感じではないでしょうか。

ところが、そんな高校生のうちほんの一握りの人だけ、ほんの一握りだけ、スポットライトを浴び世の中に羽ばたけるひとがいます。

そんな選ばれし一握りの人こそ、今回のテーマ「山本理仁選手です。

高校生のうちにJリーガーデビューし、これから世界に羽ばたこうとしている山本理仁選手についていろいろと調べてみました。

DAZN



スポンサーリンク

wiki風プロフィール

名前:山本理仁(やまもとりひと)
生年月日(年齢):2001/12/12(19歳) ※2021年1月時点
ポジション:アンカー/ボランチ/サイドバック
利き足:左足
出身地:神奈川
ユースor高体連:ユース(東京ヴェルディ)
現所属チーム:東京ヴェルディ
日本代表歴:U-15、16、17、18、19

経歴

ジュニア(U-12)の時から現在まで東京ヴェルディ一筋
2019シーズンに、高校生ながら飛び級でトップチームに昇格し、その年リーグ戦22試合に出場しました。
翌2020シーズンも順調に出場試合数を伸ばし、リーグ戦35試合に出場しています。
しかし、同学年の藤田譲瑠チマ選手(現徳島ヴォルティス)の台頭もあり、出場時間は大きく伸びておりません。(2019:1553min、2020:1579min)


出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/b9ac0b4b1baae999738377d0da4fa5031d20bfec

藤田譲瑠チマ選手についてはこちら

また日本代表は、U-15から現在まで世代別代表に継続して選ばれています。
2020年12月に実施されたU-19日本代表候補合宿では、当時同チーム所属の藤田と馬場晴也と共にメンバーに選出されています。

年代としては、パリ五輪世代であり、海外に身を置く久保建英選手(フェタフェ(スペイン1部))や斉藤光毅選手(ロンメルSK(ベルギー2部))らと同学年であり、将来を渇望されているのは間違いないですね。

プレースタイル

主に中盤の底を主戦場としており、ボランチやアンカーのポジションをつとめることが多いです。
※時折センターバックやサイドバックをつとめることも
ボールを自分自身で前線に運んだり、視野の広さを活かしたサイドへの展開など、攻撃の起点となるプレーが特徴的です。
またコーナーキックなどのプレースキッカーをつとめることもあり、キックの精度にも定評があります。
東京ヴェルディ永井監督から、中村俊輔を越えると言われているほどであり、いつかオールド・トラッフォードで満員のマンUファンを黙らせるフリーキックをゴールに叩き込む、、、かもしれません。
なかなかプレー動画をあげている公式Youtubeチャンネルがないので、山本選手のプレーを紹介できないのですがプロ初ゴールシーンは見つけたので紹介します。
1:03~のシーンです。
ゴール前で落ち着いて決めています。
決まった後の喜びを爆発させるところはたまらないですね。

成績

2020シーズンはJ2リーグで35試合に出演し、1ゴール0アシストとゴールに直結するシーンはあまり多くはありませんでした。
また、データ分析サイト「Football LAB」によると、2019シーズンに比べ、シュートに繋がる攻撃の数値が軒並み下がっていることから、やはり攻撃面での貢献は2019シーズンほどではなかったことがわかります。
さらに、本来ディフェンシブなポジションであることから、ボール奪取も期待させるが、同期の藤田選手が大活躍したのに対し、あまり目立った数値を残すことが出来ておりません
この辺りも、来シーズンに向けた課題の1つにあげられるかもしれないですね。

今後の動向

今のところ角度の高い移籍の噂は出てきておりません。
ただ、本人は以前インタビューで『スペインかドイツのビッグクラブで』とも語っており、海外移籍も視野に入れていることがうかがえますね。

また、ジョゼップ・グアルディオラ監督のサッカーが好きだとも語っており、リバプールを相手にアンフィールドで戦ってみたいとの発言もあるため、プレミアリーグも希望しているのかもしれません。

なお、現在(2021年1月時点)の市場価値はおよそ「40万ユーロ」となっており、2019年末の45万ユーロをピークにやや減額となっております。
transfermarket参照

いずれにせよ、数年以内には国内外問わずステップアップする可能性が高いため、今後も彼の動向にはぜひ注目していただきたいと思います。







コメント

タイトルとURLをコピーしました