欧州リーグ

【サッカー】藤本寛也のポジション、特徴、移籍について【ジル・ヴィセンテ/東京ヴェルディ】

いい畑ってどういうものをイメージしますか?

 

広大な大地を誇る北海道ですか?
暖かい気候が気持ちのいい宮崎ですか?
北関東が誇る農耕地茨城ですか?

 

はい、全部違いますね。

 

答えは、東京です。

 

都会でも育つものは育つんです。

 

そうです。
東京ヴェルディですね。

 

東京ヴェルディは、トップチームに沢山の選手を送り込んでいる日本有数の出荷量を誇るクラブチームです。
というわけで、日本有数の育成力をほこる東京ヴェルディ産の選手を紹介します。

 

その選手は藤本寛也選手です!

 

現在ポルトガルで奮闘する若武者についてチェケです。

wiki風プロフィール

名前:藤本寛也(ふじもとかんや)
生年月日(年齢):1999/7/1(21歳) ※2021年3月時点
ポジション:MF
利き足:左足
出身地:山梨
ユースor高体連:ユース(東京ヴェルディ)
現所属チーム:ジル・ヴィセンテ
過去所属チーム:東京ヴェルディ
日本代表歴:U-15、16、17、18、19、20

経歴

トップチーム昇格前

藤本選手は、根っからのヴェルディっ子です。

小学校6年生からヴェルディの下部組織に入り、2017年の2種登録、2018年のトップチーム昇格とヴェルディサポーターからしたら可愛い我が子のような存在なのではないでしょうか。

また山梨に住んでいいたことから、毎回長時間かけて都内まで通っていたとのこです。

そんなヴェルディ時代のことをこのように語っていました。

正直、遠方に通うこととかも、何も考えてなかったです。山梨の実家から高速バスと電車を乗り継いで通っていました。片道1時間30分かかって、家に帰るのは夜の11時30分くらい。練習が休みの時はちゃんと最後まで授業を受けていましたけど、練習があると間に合わないので少し早退させてもらったりしていましたね。

ヴェルディジュニアに入ってみたら、周りも上手い子たちばかりで、その中でやるのが楽しくて、行き帰りのことはまったく苦にならなかった。

出典:https://www.verdy.co.jp/page/658

大好きなサッカーのためであれば、遠いだなんて関係がないんですね。

私も片道1時間半かけて会社へ通っているのですが、いつも地獄のように長く感じております。
会社のことが大嫌いなんでしょうね。。。

トップチーム昇格後

さて、2018年にトップチームに昇格した年は、リーグ戦25試合(先発21試合)に出場し3ゴール3アシストをあげています。
高卒1年目としては十分すぎる成績ではないでしょうか。

2019年シーズンもレギュラークラスの活躍を見せていましたが、8月11日の鹿児島ユナイテッド戦で右膝前十字靭帯損傷及び半月板損傷の大けがを負い、この年はリハビリを余儀なくされました。

2020年シーズンは、3年目という若さの中チームの主将を任されます。
開幕から前線のポジションで試合に出続けていましたが、8月8日のFC琉球戦を最後に日本を離れ、ポルトガル1部のジル・ヴィセンテへと移籍をすることになります。

ポルトガル移籍

J2に所属していた藤本選手が、なぜポルトガル1部チームの目にとまったのでしょうか。

それは、2019年5月に行われたU-20ワールドカップに向けて3月に実施されたヨーロッパ遠征がきっかけだったそうです。

このとき、ポーランド・アルゼンチン・アメリカとのトレーニングマッチが行われ、その場に各国のスカウトやエージェントが集まり、そこで藤本選手のプレーに注目が集まったそうです。

ポルトガル移籍後はなかなかレギュラーに定着できず、またゴールも奪うことができませんでした。
しかし、第18節 首位スポルディング戦で移籍後初ゴールをあげました。
首位を走るチームからの得点とはすばらしいです!
ブンデスリーガでバイエルンから得点を挙げた堂安選手と重なりますね。

プレースタイル

中盤のゲームメーカーとして、左足から繰り出す正確なパスを繰り出します。
試合でもプレースキッカーを務めることもあるほど、正確なキックが魅力的です。
藤本選手本人も言っていますが、イニエスタ選手とプレースタイルが似ています。

では実際のプレーを見てみましょう。

中盤でフリーになった藤本選手は、ゴール前25mくらいから左足を振りぬきものすんごいシュートをゴールに突き刺していますね。
ゴラッソです。

次もゴールシーンです。
ゴール前でボールを受け、横に流れた後に左足を振りぬき見事ゴールを決めています。

 

成績

2020/21のポルトガル1部リーグにて16試合出場1ゴール2アシストという結果を残しています。
2018年にトップチーム昇格後、渡欧するまでの間は49試合出場4ゴール5アシストでした。

ポルトガルに渡った後はなかなかフィットできない時期もありましたが、最近は先発出場も増えてきており、まだまだゴールにからむ数が増えてくるのではないでしょうか。

今後の動向

小さいころから海外でプレーすることにあこがれを抱いていた藤本選手ですが、このポルトガルへの移籍はあくまでレンタル移籍です。

期間は2021年5月までとなっており、これからの活躍次第で藤本選手の海外でのキャリアが続くかどうかがきまります。

また、ゆくゆくはCLのピッチに立つのが夢だとも語っていたことから、今後は必然的に強豪チームへと移籍しないといけないということですね。
まずはジル・ヴィセンテで結果を残し、ポルトガルのビッグ3(ベンフィカ、ポルト、スポルディング)あたりへのステップアップや、もしくは5大リーグへの移籍などを果たすことができれば理想的ですね。

なお、現在(2021年3月時点)の市場価値はおよそ「25万ユーロ」となっております。
transfermarket参照

DAZN