Jリーグ

森海渡選手を過去から徹底解説!!プレースタイル・プレー動画・成績・移籍は?【柏レイソル/筑波大学】

鹿島アントラーズのエースといえば上田綺世選手ですよね。

そんな上田選手は大学在学時に卒業をまたずしてアントラーズに入団しましたが、柏レイソルにも上田選手と同じく大学卒業を待たずして入団したルーキーがいます。

それが、森海渡選手です。

というわけで今回は、2022年5月3日のサンフレッチェ広島戦で2ゴールをあげ見事チームを勝利に導いた将来のエース候補についてまとめてみました。

wiki風プロフィール

名前:森海渡(もりかいと)
生年月日(年齢):2000/6/7(21歳) ※2022年5月時点
ポジション:FW
利き足:右足
出身地:千葉県
ユースor高体連:ユース(柏レイソル)
現所属チーム:柏レイソル
過去所属チーム:筑波大学
日本代表歴:U-17
Twitter:森 海渡/Kaito Mori(@rkm__18)さん / Twitter
Instagram:森 海渡 / Kaito Mori(@kaitooo.9) • Instagram写真と動画

経歴

千葉県出身の森選手は、小学生のころから柏レイソルの下部組織でプレーをしていました。

その後も、U-15・U-18と順調にステップアップし、U-17日本代表の合宿に参加するなど、実力は同世代の中でもトップクラスでした。

また、「NIKE NEXT HERO プロジェクト」の選抜メンバーにも2年連続で選ばれ海外遠征を経験するなど、若くして多くの経験を積み、FWとして成長してきました。

高校卒業後は大学サッカーの名門筑波大学へと進学します。

1年生のデビュー戦では、三笘薫選手とともに出場しハットトリックを達成します。

また、3年生の時はリーグ戦で14ゴールをあげ見事得点を獲得しており、チームにとって絶対的な存在となっていました。

そして2022年より、大学卒業を待たずしてサッカー部を退部し、柏レイソルへ入団を果たします。

プレースタイル・特徴・動画

  • スピード
  • 得点力(得点パターン)

一瞬で相手を抜き去るスピード、そして憧れの選手レヴァンドフスキ選手を彷彿とさせる得点感覚が森選手の特徴です。

こちらは2022年5月3日に行われたサンフレッチェ広島との試合です。

途中出場で2ゴールをあげチームを勝利へと導く素晴らしいゴールとなりました。

1点目は一瞬のスキをついて裏へと抜き出し、冷静にコースをついたゴール。

2点目はニアサイドへと突き刺す豪快なゴール。

どちらも素晴らしいゴールでした!

成績

2022年
2試合出場2ゴール(J1 柏レイソル)
※2022年5月3日時点

今後の動向

これからチームに定着し、上田綺世選手のようにチームのエースへと成長していくことになるであろう選手ということで、しばらくの間は柏レイソルでプレーすることになると思われます。

ただ名前にあるとおり、本人の意思としてはいずれは海を渡ることを希望しているらしいので、活躍次第では数年のうちに欧州へと旅立つ可能性はあります。

とはいえ、まだまだ成長過程にある選手なので、しばらくはJリーグで活躍する姿を見守っていきたいですね。

なお、現在(2022年5月時点)の市場価値は不明です。
transfermarket参照

DAZN