欧州リーグ

【サッカー】伊藤洋輝のポジション、特徴、移籍について【シュツットガルト/ジュビロ磐田】

でました!

またまた海外移籍のニュース!

いやあ、夏はこういった移籍のニュースが飛び交うからワクワクしますよね。

というわけで、またもや日本の若者が海外へと旅立ちます。
それも、ドイツブンデスリーグ1部のシュツットガルトにです。
※まずはアンダーカテゴリーに所属するようですが。

その選手というのが、ジュビロ磐田の伊藤洋輝選手です。
世代別日本代表にも選ばれていた選手で、藤本寛也選手や斎藤未月選手などとU-20ワールドカップにも出場した選手です。

ではそんな伊藤選手についてチェケです。

DAZN

wiki風プロフィール

名前:伊藤洋輝(いとうひろき)
生年月日(年齢):1999年5月12日(22歳) ※2021年6月時点
ポジション:ボランチ、CB
利き足:左足
出身地:静岡
ユースor高体連:ユース(ジュビロ磐田)
現所属チーム:シュツットガルト ※ジュビロ磐田よりレンタル移籍
過去所属チーム:ジュビロ磐田
日本代表歴:U-16~21

経歴

静岡県浜松市で生まれ育った伊藤選手は、小学校時代までは地元浜松のクラブチームで活動し、超学校からジュビロ磐田の下部組織へと入ります。

世代別代表にも順当に選ばれ、2017年5月にトップチームへの昇格が決まります。
ジュビロ磐田という伝統あるチームで、順当なキャリアを積んできた選手です。

プロ1年目はカップ戦を中心に6試合(リーグ戦は1試合)に出場し、順調にプロのレベルに慣れていきました。
プロ2年目は名古屋グランパスへとレンタル移籍を果たします。
しかしそこでも試合はカップ戦を中心とした出場で9試合にとどまります。

その後、2020年にはジュビロ磐田がJ2降格したのに合わせ、ジュビロに戻ります。
戦いの場がJ2となりましたが、ここでようやく伊藤選手はレギュラーを奪取します。

1年通じてJ2のタフなシーズンを乗り越え、37試合に出場しプロ初ゴールを含む2得点と大活躍を果たしました。

2021年シーズンも、2021年6月時点で18試合出場2得点とチームを支えています。

まだまだこれからの選手だとは思いますが、ドイツの地での躍進を願うばかりです。

 

ところで、またこんな青田買いをされて、通用せずに戻ってくるんじゃないかって思っている人もいるんじゃないですか???

そんな疑い深い人へ。

今回移籍するチームはドイツの名門シュツットガルトです。
そこのスポーツディレクターを務めている人は、スヴェン・ミスリンタートさんという方です。

サッカーにお詳しい皆さんならもうお分かりですよね。

あの香川真司をドイツへ導いた名スカウトなのです!

これはもう勝確ですね。
ジャグラーだったら「GOGO!」というランプが光っています。

というわけで、伊藤選手が活躍するのを黙って見届けましょう。

プレースタイル

伊藤選手の特徴は何と言ってもサイズを活かしたプレーです。

ボランチとしてはかなり大型で身長は188㎝もあります。
※CBだとしても大きい方です。

そのフィジカルを活かしたダイナミックなプレーが特徴ではありますが、大柄ゆえスピードのある選手にはついていけない時もあります。
そのあたりが今後の課題ではないでしょうか。

そしてこんなスーパーなシュートも決めてみせます。

3:15~頃からです。
ペナルティエリアの随分外で受け、そのままゴール向かって左隅をついたミドルシュートですが、とてもCBで出場している選手とは思えないですね。
キーパーも動けずといったシュートでした。

成績

2018年はJ1リーグ戦1試合出場、2019年はJ1リーグ戦2試合、2020年はJ2リーグ戦37試合出場2得点、2021年はJ2リーグ戦18試合出場2ゴール1アシスト(2021年6月まで)となっています。

ポジション的にフィニッシャーではないので直接数字には表れてはこないですが、2020年も2021年ンもチャンスを創出するパスやクロスの数が多く、攻撃面でチームを支えていることがわかります。

今後の動向

まずはシュツットガルトのU-21チームへの帯同ということで欧州に慣れるところからになりますが、2022年6月30日までのレンタルということで早急に結果を出して信頼を勝ち取り、完全移籍を目指すことになるかと思います。

もしシュツットガルトのトップチームで安定して試合に出ることができれば、それは日本代表への選出が見えてくることになります。

伊藤選手としても欧州での活躍と日本代表は目標にしていることかと思いますので、今後の活躍に期待ですね。