【サッカー】松木玖生のポジション、特徴、移籍について【青森山田高校】

スポンサーリンク
高体連
スポンサーリンク
スポンサーリンク


Jリーグデビューしていない中でも、才能あふれ将来を渇望されている選手はたくさんいます。

今回は、そんな選手を取り上げてみようかと思います。

というわけで青森山田高校の松木玖生選手です。

選手権を見ている人にはおなじみの選手かもしれませんね!

才能あふれる若き血潮については以下をご覧ください!





スポンサーリンク

wiki風プロフィール

名前:松木玖生(まつきくりゅう)
生年月日(年齢):2003/4/30(17歳) ※2021年1月時点
ポジション:MF
利き足:左
出身地:北海道
ユースor高体連:高体連(青森山田高校)
現所属チーム:青森山田高校
日本代表歴:U-15、16、17、18

経歴

小学校時代

北海道室蘭出身で、6歳のころからサッカーを始めたそうです。
その時は地元の室蘭大沢FCというチームで、兄が所属しており、その兄の試合を見に行ったことがきっかけで入団したそうです。

その後小学校2年生の時に初出場を果たしました。
そしてその時のポジションはなんとGKだったとのことです。
ちょっと意外ですね。

またそんな室蘭大沢FCで得たことでいまでも活きていることについてこんなことも語っていました。

「特に基礎練習の重要性です。ボールを止める、蹴るなどの基礎がとても大切なことだと学びました。そして試合中、とにかく走っていたと思います。その経験は今でも生きています。練習は走りのメニューが多く、きつかったことを覚えています。そして諦めない心。その多くが今の力になっています」

出典:https://www.muromin.jp/news.php?id=19125

昔の教えが今でも活きているというのは素晴らしいですね。

中学校時代

そして、中学に上がるときに名門青森山田中学に進みます。
同校は全国大会にも出場するような名門校であり、全国から優秀な人材が多数集まることで知られています。
そんな中、1年生の時から活躍をしていたようですね。

1年生の時の全国中学大会では、途中出場ですが3試合に出場。
2年生の時も全国中学大会に出場し、この時はもうレギュラーとして全5試合に出場。優勝に貢献しています。
3年生の時も当然レギュラーとして全国中学大会に出場し、背番号10を背負いプレー。決勝で惜しくも敗れ準優勝となりました。

高校時代

その後青森山田高校へと進学します。
高校も中学と同じく全国から優秀な選手が集まるのですが、ここでもその才能を見せつけます。

1年生の時から背番号7を背負いレギュラーに定着しました。
冬の全国高校サッカー選手権に出場し、主にボランチとしてプレー。
大会4ゴールをあげ、見事チームの準優勝に貢献し、個人としても優秀選手を受賞しました。

そして、2年生の時は背番号10を背負い、全国高校サッカー選手権に出場しました。
この青森山田高校の背番号10はすごいんです。

昨年は武田英寿選手(現浦和レッズ)、その前は檀崎竜孔孔選手(現ブリスベン・ロアーFC)郷家友太選手(現ヴィッセル神戸)高橋壱晟選手(現ジェフユナイテッド市原・千葉)神谷優太選手(現柏レイソル)と、振り返るとずーっとプロ選手を輩出しているのです。

これは松木選手も相当期待されていることがわかります。

そして全国高校サッカー選手権では5試合に出場し2ゴールを挙げチームの準優勝に貢献しています。
本来であれば優勝をと意気込んでいたかと思うので、本人としては大変残念な結果だったのでしょうね。

世代別日本代表

中学3年生のときU-15に選出され、それ以降コンスタントに各世代別日本代表に選ばれ続けています。
U-16の時はインターナショナルドリームカップに出場し、見事優勝に貢献しています。
この時はDFとしてサイドバックで出場しており、屈強な外国人選手と対戦を重ねたことで守備の強度が増したようです。

プレースタイル

技術もさることながら、強い気持ちをもっているところが彼の特徴の一つです。

こちらは高校1年生のときの映像です。
1:10~くらいのシーンですが、ロッカールームでチームメイトに対しはっぱをかけています。

もう一度言いますが、これは高校1年生のときです。決して、3年生の主将がチームメイトに声をかけているわけではありません。

「こんなん普通できひんやん?言っといてやできるんやったら」と誰かが声をあらげそうですね。

こちらは高校2年生でU-18日本代表合宿に選ばれた時の映像です。

練習とはいえ鋭いシュートを連発しています。
そして何より、他のメンバーは高校3年生が多い中、高校2年生でここにいるということがすごいです!

こちらは高校2年生の時、青森山田高校でのプレーです。
チームが大勝しているなか、後半23分にダメ押しとなる5点目を決めています。
エリア内でしっかりとシュートを打てる位置で待ち構え、パスが来た時にしっかりと決めています。
そしてなにより、ゴールを決めた後の喜びようったらないですね。
ここまで感情を爆発できるなんてすごいです。

今後の動向

まだ高校2年生なので具体的にどうこうという話はでていないですね。
ただ歴代の先輩をみていると、浦和レッズ鹿島アントラーズなんてのもありそうな気がします。

ただ本人は海外志向で、高校卒業後はすぐにでも海外に行きたいということを言っているようです。

そんな中、フランスの名門リヨンの下部組織(U-19)の練習に参加しているというニュースが飛び込んできました!

もしもここでいいプレーを見せることができたら、そのまま契約を勝ち取れるのでしょうか。
この練習参加の意味するところが不明ではありますが、なんにせよチャンスには変わりないと思うので、今後の動向に注目ですね!



コメント

タイトルとURLをコピーしました