高体連

渡邊星来選手を過去から徹底解説!!プレースタイル・成績・移籍は?【青森山田高校/FC刈谷】

第100回全国高校サッカー選手権大会は、前評判通り青森山田高校が優勝をかざりました。

とにかく圧倒的で、決勝戦でも相手にシュートも打たせない完ぺきな試合をしていましたね。

そんなチームの中心となったのが、10番の松木玖生選手ですね。

松木玖生選手を過去から徹底解説!!プレースタイル・成績・移籍は?【青森山田高校/FC東京】Follow @soccer_youth_ Jリーグデビューしていない中でも、才能あふれ将来を渇望されている選手はたくさんいます。 ...

しかし、青森山田高校は松木選手だけではなく、他にもタレントは豊富でした。

今回はそんなタレント軍団青森山田高校のFW、渡邊星来選手についてまとめてみました。

wiki風プロフィール

名前:渡邊星来(わたなべせら)
生年月日(年齢):2003/7/10(18歳) ※2022年1月時点
ポジション:FW
出身地:愛知県
ユースor高体連:高体連(青森山田)
現所属チーム:青森山田高校 ※FC刈谷

経歴

愛知県出身の渡邊選手は地元愛知のチーム刈谷JYでプレーし、高校から青森山田でプレーしてます。

高校3年生の時に初めてプレミアリーグデビューを果たし、開幕戦でいきなり2ゴール1アシストを決めるなど、持っている男です。

柏レイソルU-18戦ではハットトリックを決めるなど、青森山田の中でも那須川選手と並ぶ得点力の持ち主でした。

そんな中、第100回全国高校サッカー選手権大会ではなかなか得点が奪えず苦しんでいる中迎えたベスト8の東山高校戦。

同点で迎えた後半13分、こぼれ球に反応し決勝ゴールを決めチームをベスト4に導きました。

決勝でも勝利を決定づけるチーム4点目を奪うなど、全国の舞台でもその力を発揮していましたね。

卒業後は、東海社会人リーグ1部のFC刈谷に入団することが決まっています。

大学進学などではなく、5部リーグに相当する社会人リーグへ挑戦するということで、徐々にステップアップする姿に期待したいですね。

プレースタイル・特徴

  • 味方を活かすプレー
  • はじける笑顔

身体も大きいというわけではなく、ゴリゴリ突進するようなFWではありません。

憧れの選手をリバプールのフィルミーノ選手と言っているとおり、自分自身でゴールを決めることもでき、また味方と連携し相手を活かすプレーというのも渡邊選手の特徴かと思います。

また何と言っても明るいキャラクターも特徴の一つです(笑)

選手権でも、ゴールを決めた後にクリスチャーノ・ロナウド選手のゴールセレブレーションを派手に決めていましたね。

こちらは第100回全国高校サッカー選手権大会の決勝大津高校戦でのゴールシーンです。

よく見ると見方からのクロスは一度相手ディフェンダーに当たっています。

それにも関わずタイミングドンピシャでヘディングによるゴールを決めています。

今後の動向・進路

2022年からは東海社会人1部の刈谷でプレーすることが決まっております。

大学進学や、はたまたどこかのJクラブからの内定があるのかなと思っていたの結構意外でした。

ただ本人は地に足を付けて、徐々にステップアップするという選択を選んだようですね。

当然この先にあるJFLやJリーグというのも視野に入れているはずなの、今後の動向にも注目して期待です。