Jリーグ

【サッカー】早坂勇希のポジション、プレースタイル・特徴、成績、移籍について【桐蔭横浜大学/川崎フロンターレ】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アオアシ(26) (ビッグ コミックス) [ 小林 有吾 ]
価格:650円(税込、送料無料) (2021/11/22時点)


ユースからトップチームにあがれずに、大学経由でトップチームに返り咲く選手はとても多いですね。

2021年に浦和レッズを退団して大きなニュースとなった宇賀神選手も、浦和ユースから流通経済大学へと進み見事浦和への帰還を果たしました。

というわけで2022年新入団選手の中で、同じように見事元のチームに返り咲いた選手がいます。

桐蔭横浜大学から川崎フロンターレへと進む早坂勇希選手です。

今回はそんな早坂選手についてまとめてみました。

wiki風プロフィール

名前:早坂勇希(はやさかゆうき)
生年月日(年齢):1999/5/22(22歳) ※2022年1月時点
ポジション:GK
出身地:東京都
ユースor高体連:ユース(川崎フロンターレ)
現所属チーム:桐蔭横浜大学 ※2022年より川崎フロンターレ入団内定

経歴

東京都出身の早坂選手は、小学校から高校まで川崎フロンターレの下部組織でプレーしていたました。

しかしトップチームに昇格することができず、桐蔭横浜大学へと進みます。

桐蔭横浜大学では2年生のころから主力に定着し、2019年には全日本大学サッカー選手権大会のベストGKに選出され、2021年はデンソーカップ・サッカーのベストイレブンに選出されます。

2020年は全日本大学選抜に選ばれるなど、大学サッカー界では頭一つ抜けた存在となっていました。

しかし大学入学当初はなかなか出番を得られなかったそうです。

ただそういった状況でも、4年後にフロンターレへ戻ると心に決めていたため、雑用などでチームを全力でサポートしていました。

とういった働きを監督やチームメートが見ており、プレー以外でも信頼を勝ち取り、チーム内での地位を築いていったようです。

プレースタイル・特徴

  • シュートストップ
  • 反応速度

桐蔭横浜大学の安武監督からも、間違いなく大学ナンバーワンのGKだと言われており、GKとしてのスキルは非常に高いレベルにあります。

では、桐蔭横浜大学が公式でまとめてくれている早坂選手のプレー集をご紹介します。

シュートもめちゃめちゃ止めるし、なによりフィードもかなり正確ですね。

ただ止めるだけではなく、現代のGKは攻撃参加も求められるため、一発で攻撃のスイッチを入れることができるGKは貴重な存在だと思います。

今後の動向

フロンターレにはチョン・ソンリョン選手がおり、入団1年目からポジションを奪うのはなかなか難しいのではと思います。

しかし現在のフロンターレのGK陣容を見てみると

チョン・ソンリョン選手(36歳)、安藤選手(31歳)、丹野選手(35歳)

おや?

高齢化が進んで・・・

ちなみに比較的若いイ・キョンテ選手(25歳)は、過去のチーム含めてJリーグのリーグ戦に出場したことが無いことから、ライバルとも言いにくいです。

というわけで、2022年はまだ辛抱の時かもしれませんが、あと数年以内には早坂選手がレギュラーになっている可能性は非常に高いです。

DAZN