【サッカー】皆DAZNやってる?メリット・デメリット・活用法・比較などあくまで個人の感想!【サブスク】

スポンサーリンク
その他サッカー関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みなさんは、サブスクやってますか?
私はそんなに多くはないですが、動画配信系のサービスは受けています。

 

…ちなみに、サブスクが何かはご存知ですかね?
『何言ってんだてめぇ!なめんなよ!』
って方も
『へへへっ、実は恥ずかしながら…』
って方もいると思いますが、サブスクっていうのは、サブスクリプションの略で、定額料金を支払うことで、一定期間自由にサービスを受けることが出来るビジネスモデルのことです。

 

私みたいなおっさんに教わるのが嫌な方は、カトパンに教えてもらってください。

 

 

というわけで、我々に身近なサブスクといえば
そうですよね

 

DAZNですよね〜

 

おそらくほとんどの人がDAZNユーザーかと思いますが、まだ入ってない人や迷っている人のために、DAZNユーザーの私が感じたDAZNのメリデメをお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

DAZNとは?

DAZNとはDAZNグループが運営するスポーツ専門の定額制動画配信サービスのことです。
2016年からサービスを開始しており、当時はパフォーム・グループが運営しておりましたが、2019年から現在の体制となりました。

 

初めはオーストリア・ドイツ・スイスからサービスが始まり、すぐに日本もサービス圏内となり、現在では世界200カ国にて事業展開しているワールドワイドなコンテンツとなっています。

 

ちなみにこのDAZNグループには、スポーツニュースサイト『Goal.com』も含まれているそうですよ。

DAZNで受けられるサービスは?

『ライブスポーツが1番観られるのは』でお馴染みのDAZNですが、そう豪語するだけのことはあります。
日本で視聴できる競技は以下の通りです。

 

 ーサッカー
 ー野球
 ーバスケットボール
 ーモータースポーツ
 ーテニス
 ーバレー
 ーラグビー
 ーボクシング
 ーダーツ
 ースカッシュ
 ースヌーカー
 ーeスポーツ

 

正直、DAZNに入っていなければ、一生見ることはないであろう競技まで含まれています。
※ファンの方はすみません。

 

個人的には、野球とサッカーがあればもうおなか一杯なのですが、その二つの競技の占める割合は大きく、サッカーは7か国(スペイン、イングランド、イタリア、フランス、トルコ、ベルギー、ギリシャ(PAOK戦のみ)、日本)のリーグ戦と4か国(スペイン、イングランド、ドイツ、フランス)のカップ戦を見ることができ、野球もNPB10球団のホームゲームを視聴することができます。
正直、これだけでも多すぎて観ることは不可能ですね。

DAZNのメリット

まだDAZNの契約を渋っている人はいるのでしょうか。。。

ここまでいいことずくめなので、正直もうそんな人はいないと思いますが、一応私が感じているDAZNのメリット(良いところ)をお伝えします。

その1:豊富なコンテンツを楽しめる

DAZNはなんと言ってもコンテンツが豊富です。

 

上でも言いましたが、サッカーで言えば、『リーガ・エスパニョーラ』『プレミアリーグ』『セリエA』『リーグ・アン』などの世界トップクラスのリーグや、『ジュピラー・プロ・リーグ』『スュペル・リグ(トルコ)』『ギリシャ・スーパーリーグ』などのその他欧州リーグに加え、我らがJリーグなどなど世界各国のリーグ戦を見ることができます
個人的には、日本人が多く所属しているベルギーリーグを放送してくれているのはありがたいです。

 

また、試合だけではなく、サッカーに関する番組も豊富です。
以下代表的なものを紹介します。

①やべっちスタジアム

ナイティナインの矢部浩之さんがMCをつとめる番組。
Jリーグの応援をコンセプトとしており、試合の結果だけではなく、プレーの解説や選手のパーソナルな部分も紹介してくれる。

 

②内田篤人のFOOTBALL TIME

元鹿島アントラーズの内田篤人さんがMCをつとめる番組。
欧州でプレーする日本人を中心に取り上げ、内田篤人さんが注目したプレーの深掘りや、内田篤人さんの人脈を活かして連れてきたゲストとの対談などが行われる。

 

③FOOTBALL FREAKS

欧州リーグ(リーガ、プレミア、セリエA等)を中心に取り上げる番組。
試合結果の紹介だけではなく、特定のクラブや人物にスポットライトをあて、戦術や歴史を紐解くような解説を行ってくれることが魅力。

 

またサッカー以外もプロ野球、Bリーグなどの日本国内スポーツから、F1やテニスのグランドスラムなど世界的に見ても注目されているコンテンツを見ることができるのです。

 

控えめに言って、です。 

その2:無料期間がある

DAZNは1ヶ月限定の無料期間があります。もしも気に入らなければ、その月で解約しても問題ないため、あまりリスクを背負わずに入会することができます。

 

また以前は4か月無料キャンペーンなるものも実施しておりました。
次このような大奮発祭りを実施してくれるかはわかりませんが、もしかしたらまたあるかもしれないので、どうしても1か月の無料では足りないよって方は、次のキャンペーンが来るまでじっと待ってみるのもいいかもしれませんね。

その3:ゲーム機で観ることが出来る

これは個人的にメリットだと感じていることですね。
私は基本PS4でDAZNを視聴しているのですが、他のスポーツを観ることができるサブスクだと観れないようですね
PS4やSwitchを持っている人であれば、簡単にテレビの大画面でDAZNを観ることが出来るのでオススメです。

DAZNのデメリット

ここまでたくさんの良いところをお伝えしてきましたが、そんなDAZNにデメリットはあるのでしょうか。
残念ながら、、、ほんの少しだけあります。

網羅性の欠如

これは、仕方がないのです。
ここまで求めるのは酷ですが、、、

 

サッカーでいえば

 

ブンデスリーガが観れない。。。

 

鎌田選手と堂安選手(あと奥川選手もね)を観たいのですが、観れないというジレンマ。
妻に「スカパーも契約してい?」と言う勇気がないので、あきらめるしかありません。

 

あと、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグが観れないのも痛いですね。

 

また野球でいえば、中日ドラゴンズと広島カームのホームゲームも中継されていませんね。
これには一時期急増したカープ女子もオコではないでしょうか。
まあ、急増したカープ女子は試合には興味ないでしょうから大丈夫かもしれないですね。

 

初めて見た人はDAZNの読み方がわからない

これは致命的ですね。
おそらく多くの人は最初

 

「だ、だず・・・ん?」

 

と思ったことでしょう。
サービス名が的確に伝わらないのは、ビジネスとしていかがなものかと思いますね。

ロゴマークを見た時に読み方がわからない

ロゴを今一度見てみましょう。

出典:https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/dazn%E3%83%80%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%89%E5%BF%85%E3%81%9A%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%849%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88/l6zctkh1pnm31mjt6dmvwhq0e

 

どうでしょう。
私たち日本人は、右からタテヨミをするように国語の時間で習いましたよね?
それに当てはめると

 

「あ、あん・・・どぅず?」

 

となりますね。
これは更なる混乱を巻き起こし、消費者のミスリードを招く恐れがある非常に重大なデザインミスです。
名称が伝わらない致命的なミスを起こすなんて、ビジネスとしてどうかと思いますね。

 

総論

あまり悪いところは見当たらない。

競合サービスは?

サッカーに限った話でいくと、やはりスカパー!やWOWOWが競合にあたるのではないでしょうか。
それぞれを比較するとこんな感じです。
DAZM スカパー! WOWOW
リーグ戦 スペイン、イングランド、イタリア、フランス、トルコ、ベルギー、ギリシャ(部分的)、日本 ドイツ、イタリア(部分的) スペイン(部分的)
カップ戦 スペイン、イングランド、ドイツ、フランス 日本
その他 W杯欧州予選、ネーションズリーグ チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ
これだけ見ても、DAZNが圧倒的ですね。
チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグは見たいと思うファンも多いでしょうから、その点だけ残念かもしれません。

 

ちなみに料金体系はこんな感じです。

 

DAZM スカパー! WOWOW
価格 1,925円(税込) 2,530円(税込) 3,035円(税込)
コンテンツも豊富で価格も一番安いなんて、どういうことでしょうか。
商売する気あるんですかね???

 

最高じゃないですか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
まだDAZNに入っていない人に魅力が伝わっていたら何よりです。
これでもまだDAZNに入る気持ちが固まっていないようであれば、私の伝え方が悪いのか、あたなの理解力が乏しいのかのどちらかです。

 

ここは素直に自分の非を認め、DAZNの民になりましょう!

 

気なる方は以下からDAZNのホームページまで飛んでみてください。

↓↓↓↓↓
DAZN

ではよりよいスポーツライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました